夢を叶えた先輩たち

おめでとうございます

速報!29年4月 朝日航洋認定訓練生の2名(加藤さん23歳男性1名、山崎さん29歳男性1名)が3月事業用操縦士試験に無事合格し、4月1日に朝日航洋に入社しました。彼らは第4期生となり、航空業界の若年層のパイロット不足解消のために2013年に訓練費補助がスタートしてから、毎年確実に資格取得、入社実績を積み重ねています。まだまだ全体としてのパイロット不足が解消されるまでには何年もかかりますが、着実な成果を積み上げていくことが、今後の航空業界を発展させるには不可欠であると日本フライトセーフティは考えています。できることを一歩づつ継続していきます。 

 おめでとうございます!!!


速報!29年4月 落合さん(29歳)が中日本航空に入社しました。落合さんは平成28年11月事業用操縦士試験に合格、元は自衛隊出身です。やはり航空機に身近に接する中でいつかは飛ばしてみたいという気持ちが強くなって、H27年9月に日本フライトセーフティに入校、1年と少しで事業用資格まで取得し、今回の入社となりました。中日本航空は日本フライトセーフティとも奨学訓練生制度を共に運用しているので、多くの卒業生が活躍しています。きっと将来の戦力に育っていってくれることでしょう。
おめでとうございます!!!


速報!29年4月 中川さん(20歳)が東邦航空に入社しました。中川さんは平成28年10月事業用操縦士試験に合格、高校卒業した年に18歳で日本フライトセーフティに入学、山で救助ヘリコプターを見たのがきっかけだそうです。山岳救助にも歴史のある東邦航空に入社できたのも何かの縁かも知れません。東邦航空は同じ東京ヘリポート内にあるので、時々退社後の帰り道に日本フライトセーフティに寄って嬉しそうに近況を話してくれます。一人前になるのを楽しみにしています。 

 おめでとうございます!!!


速報!29年1月 山田さん(24歳)がジャネットに入社しました。山田さんは平成28年10月事業用操縦士試験に合格、日本フライトセーフティの紹介で、山梨県防災ヘリコプターの運航等を行っているジャネットに無事入社しました。写真は山梨県の防災ヘリコプターとともに写ったものを山梨県より提供されたものです。5月には東京ヘリポートに給油のために寄って、ユニフォーム姿でNFSを訪問、訓練中の学生の質問攻めに丁寧に答えてくれました。 

 おめでとうございます!!!


速報!28年11月 太田さん(27歳)が中日本航空に入社しました。太田さんは平成28年10月事業用操縦士試験に合格、中日本航空奨学訓練第3期生です。当初ヘリコプターパイロットを目指すと決めたけど、自家用免許までの資金しか用意できませんでしたが、NFSのホームページで奨学訓練制度を知り、トライ、見事に選抜試験に合格し、今回の入社となりました。 

 おめでとうございます!!!


速報!28年9月 小倉さん(24歳)が東邦航空に入社しました。小倉さんは平成28年6月事業用操縦士試験に合格、もともとはエアラインを目指して固定翼の事業用も所持する人で、固定翼の訓練中にヘリコプターの自由に飛ぶ魅力に取りつかれ、ヘリに転向しました。同じように飛行機からの変身組の先輩がいる東邦航空入社を目標に頑張ってきました。 

 おめでとうございます!!!


速報!28年4月 朝日航洋認定訓練生の2名(藤本さん25歳男性1名、内田さん27歳女性1名)が3月事業用操縦士試験に無事合格し、4月1日に朝日航洋に入社しました。昨年内定していたNFS一般コース卒業生の渡邉さん21歳男性と合わせて3名の同時入社となります。 

 おめでとうございます!!!


28年6月 NFS卒業生、Iさん(31歳)が海上保安庁航空隊に入隊しました。IさんはH27年3月に事業用試験に合格、その後、日本フライトセーフティの運航管理研修に従事する中で卒業した先輩達から海上保安庁の2次募集の案内を知り、航空職員試験に28年2月合格、今回の入隊となりました。 

 おめでとうございます!!!


速報!28年1月 NFS卒業生、Aさん(33歳)、Oさん(38歳)が海上保安庁航空隊に入庁しました。二人は27年夏にNFSで行われた海上保安庁の募集説明会に参加、熱心にその業務に質問して入庁を熱望し、平成27年10月の海上保安庁航空隊職員試験に合格し今回の入庁を勝ち取りました。

 おめでとうございます!!!


27年10月 中日本航空(株)奨学訓練生第2期生の久保田さんが訓練終了して事業用免許を取得し、中日本航空株式会社に入社いたしました。 

おめでとうございます!!!


速報!27年7月NFS卒業生、渡邉さんが朝日航洋株式会社への入社が決まりました!! 来年4月からの勤務です。

 渡邉さんは新潟県出身で、中越地震の時に孤立した箇所の救助に活躍するヘリコプターを見て、ぜひとも新潟で防災ヘリの運航をする朝日航洋のヘリパイロットになりたいと熱望し、高校卒業と同時に日本フライトセーフティに入学し今回の就職を勝ち取りました。

 おめでとうございます!!!


速報!27年6月NFS卒業生、鈴木さんがディーエイチシー株式会社のヘリコプター事業部に入社が決まりました!!

 おめでとうございます!!!


速報、朝日航洋認定訓練生 第2期生のもう一人徳矢さんが、平成27年1月事業用実地試験に一発合格しました。五味さんと一緒に朝日航洋㈱に平成27年4月1日入社しました。

 徳矢さんも五味さんと同じように大学在学中に休みを利用してNFS海外自家用操縦士免許コースで免許を取得、大学4年生のH25年に朝日航洋認定訓練生に選ばれ、翌平成26年2月より訓練を開始して今回の合格となりました。おめでとうございます。


速報、朝日航洋認定訓練生 第2期生五味さんが、平成26年11月事業用実地試験に一発合格しました。朝日航洋㈱には平成27年4月1日入社しました。

 五味さんは大学在学中に休みを利用して自家用操縦士免許を取得、大学4年生のH25年に朝日航洋認定訓練生に選ばれ、翌平成26年2月より訓練を開始して今回の合格となりました。おめでとうございます。


速報!27年4月NFS卒業生のIさんが、出身地である九州地方のヘリコプター運航事業会社に就職が決まり、入社いたしました。

 おめでとうございます!!!


速報、中日本航空奨学訓練生 第1期生元佐さんが、平成26年9月事業用実地試験に一発合格し、中日本航空㈱に10月1日付けで入社しました。

 元佐さんはH25年4月の合同説明会に参加後、6月より訓練を開始し、中日本航空奨学訓練生の第一期生としてH25年11月に選抜試験で選ばれ、その後の事業用訓練+αの1千万は、中日本航空の負担で日本フライトセーフティで訓練を受け、H26年9月試験合格、10/1入社となりました。おめでとうございます。↓


速報、朝日航洋認定訓練生 第1期生二人目の日向野さんが、平成26年9月事業用実地試験に優秀な成績で合格し、朝日航洋㈱に10月1日付けで入社しました。

 日向野さんは朝日航洋認定訓練の第一期生として1年間訓練に励み今回の合格、10/1の入社となりました。認定訓練生は1年前にすでに内内定済みですので、入社後の訓練計画もほぼ決まっており、早い段階での機長発令訓練が始まるようです。おめでとうございます。↓


速報、朝日航洋認定訓練生 第1期生の内田さんが、平成26年6月無事事業用実地試験に一発合格し、一足早く7月1日付けで朝日航洋㈱に入社しました。

 内田さんは昨年6月に朝日航洋の認定訓練生に応募して選ばれ、9月に渡米して訓練開始、海外と国内の学科及び操縦訓練を意欲的に取り組み、今回の入社となりました。おめでとうございます。↓


 速報、卒業生のKさんが、H26年8月1日付けで某警察航空隊に就職が決まりました。

 Kさんはすでに38歳になっておりましたが、持ち前の粘り強さと情熱で、弊社教官の勧めもあり、無事H26年8/1付けで某警察航空隊への就職が決まりました。おめでとうございます。


速報、26年3月NFS卒業生、藤沢さんが朝日航洋株式会社採用試験に合格、入社が決まりました。

 藤沢さんは朝日航洋の認定訓練生ではありませんが、ヘリ操縦士になりたいという強い意志を持って訓練に集中し、試験合格前から同社の目に留まり、今回の就職となりました。おめでとうございます。↓


速報、25年9月NFS卒業生、吉野さんが航空機使用事業会社採用試験に見事合格、入社が決まりました。

 吉野さんは事業用試験合格後も日本フライトセーフティの運航管理研修に従事、積極的に航空事業会社の業務を学んだことから、今回のお話をいただけました。おめでとうございます。↓


速報、25年8月NFS訓練生、鈴木さんが中日本航空株式会社採用試験に見事合格、入社が決まりました。

 鈴木さんは、中日本航空の奨学訓練生ではありませんが、同社も奨学訓練生以外でも採用を活発化させており、弊社との制度打合せの途中から、採用の情報をいただき、試験合格後すぐに入社試験を受け、採用となりました。夢がかなっておめでとうございます。↓


速報、24年12月NFS訓練生の松本さんと弘中さんが東邦航空株式会社採用試験に見事合格、入社が決まりました。

 松本さんも弘中さんも、ヘリ事業用試験合格後、日本フライトセーフティの運航管理研修に従事、働きながら事業会社の業務を積極的に覚え、こなしてきたことから、同じ東京ヘリポート内にある東邦航空より採用のお話をいただき、就職が決まりました。入社後すぐに運航管理の即戦力として、能力を発揮しているとのことです。操縦士としての機長訓練も始まりました。おめでとうございます。


速報、24年3月NFS訓練生、Mさんが中日本航空採用試験に見事合格、入社が決まりました。


卒業生から日本フライトセーフティに寄せられた、先輩の声をご紹介いたします。

1.取得資格 2.業務内容 3.パイロットとしてのモットー 4.今後の目標 5.パイロットになってよかったと思うこと 6.パイロットを目指す方へ一言

1. ファーストエア

  トランスポート株式会社

  JCAB事業用操縦士

  FAA事業用操縦士

  航空無線通信士

2. 新幹線路線保守、視察飛行、人員輸送

3. ヘリコプターを飛行させるためには多くのスタッフの協力が必要です。これからもチームワークを大切にしたいと思います。

4. クライアントの要望に応えられる、安全で確実なフライトを実行できるパイロットになりたい。

5. なんと言っても空を飛べること!後悔したくない、夢を実現したいと思い訓練を開始した頃の気持ちを今も持ち続けています。

6. 皆さんが持っていらっしゃる不安は私にもよく分かります。しかし、それを乗り越えてこそチャンスが訪れることも経験しました。希望を持って頑張って下さい。

1. 朝日航洋株式会社

  JCAB事業用操縦士

  FAA事業用操縦士

  航空無線通信士

2. 報道取材、ドクターヘリ

3. 一つの仕事だけではなく色々な飛行業務を行いますので、全てに対して航空安全第一で日々、取り組んでいます。

4. パイロットとしての経験を積み重ねて行きたい。我社には色々な機種があるので勉強も大変ですが大きな機体にもチャレンジしたい。

5. やはり、なんと言っても空を飛べること!

6.  諦めずに頑張って下さい!それだけですが、それ以上のものもありません。

1. アカギヘリコプター

  株式会社

  JCAB事業用操縦士

  FAA事業用操縦士

  航空無線通信士

2. EMS

3. 基本に忠実に、一つ一つの出来事を経験としていたしてゆく。

4. 将来に渡って安全運航を心がけ体力の続く限りヘリコプターに乗り続けたい。

5. 一つのミッションを無事に終えたときの満足感。現場の人たちからねぎらいの言葉を頂いたときなどはパイロットになってよかったと思います。

6.  目標を定めたら、それに向けて最大限の努力をして下さい。諦めずに努力すれば必ず報われる時がきます。頑張って下さい!

続きはコチラ