ライセンスQ&A

操縦士のライセンス取得やトレーニングに関してよくお問い合わせいただく項目について簡単にQ&A形式で説明します。基礎知識を身につけ最初の1歩を踏み出しましょう。

A:パイロット・ライセンスに関する疑問

パイロットとは?

パイロットと呼ばれる人たちはみんな、国土交通省が発行する操縦技能証明書と呼ばれるライセンスを所持しています。
このライセンスは国家試験を受験する事により取得できます。
また、自家用ライセンスは一部海外免許からの切り換えによる取得も可能です。


パイロットのライセンスにはどの様な種類があるか?

パイロットの種類は①定期運送用操縦士②事業用操縦士③自家用操縦士の3種類あります。
それぞれのライセンスはグレードにより、操縦できる機体やその他の業務に制限を受けます。
簡単にいうと…
①定期運送用操縦士:エアラインの機長や大型ヘリコプターの機長に必要なライセンス。
このライセンスは就職後、副操縦士として数年間の勤務後、社内で受験して取得するのが通常です。
②事業用操縦士:エアラインやヘリコプター会社で報酬をうけて飛行するのに必要なライセンス。
就職に必要なライセンスです。
③自家用操縦士:アマチュアパイロットに必要なライセンス。
エアラインの募集制度「B制度募集」で受験に必須資格です。
B制度募集条件には他の飛行経歴等が規定されています。

初めから定期運送用操縦士や事業用操縦士の試験を受験できるか?

できません。自家用操縦士から国家試験を受験しなければなりませんが、アメリカのプライベート・ライセンスは日本の自家用操縦士免許に書換えられます。その後、追加海外訓練でB制度受験を目指す人と、国内訓練を経てA制度で事業用操縦士を取得し、航空会社に入社する人に分かれます。

 

エアラインの定期運送用操縦士は入社後、数年間コパイロット(副操縦士)としての実務経験を経て、機長昇格時に受験し取得します。


パイロットの試験はどのような内容か?

アメリカ:学科試験 口頭試験 実地試験
日本(自家用、事業用):学科試験 口頭試験 実地試験
まずは自家用、合格すれば事業用に臨みます。
本校では20年にわたって練られた無駄のないカリキュラム、シラバス(訓練計画)にのっとり
基礎から順をおって授業がおこなわれます。
全くの初心者で入学した方がパイロットに成長していきます。


パイロットを目指す場合、どのような事から始めれば良いか?

一番大事なことはパイロットになりたいと思う気持ちを強く持つことです。
あとは、シラバスに沿って本校で学んでいけば道が開けます。


女性でもパイロットになれますか?

もちろんなれます。日本でも多くの女性パイロットが飛行機、ヘリコプターを問わず活躍しています。
当校の卒業生も活躍中です。


視力が悪いとパイロットになれませんか?

パイロットにはライセンスの他に航空身体検査というものが必要になります。
これは規定の年数ごとに更新していく形のもので、条件は細かく規定されています。
具体的に視力の条件をあげると、矯正視力1.0以上(自家用操縦士は矯正視力0.7以上)となっており、
裸眼視力規定は廃止され、コンタクトレンズの使用も許可されています。 


ライセンスは何歳から取得できますか?

①事業用操縦士:18歳以上
②自家用操縦士:17歳以上
上記の年齢制限は実地試験受験時のもので、言い換えると自家用操縦士は高校在学中に訓練を開始することも可能です。


パイロットになるには英語が必要ですか?

必要です。パイロットは航空英語を理解する必要があります。
本校のパイロット訓練も、初期の自家用訓練をアメリカカリフォルニア州で行っております。日常生活から英語に親しみ、
国内訓練で身につきにくい、生きた英語を学びます。
まずは英語に親しみ、そこから少しずつ航空英語とよばれる専門用語につなげていけるように、
経験豊富な担当スタッフが懇切丁寧に授業を致します。これを機会に、英語を自分のものにしてみてはいかがでしょう。


もっと詳しくパイロットの世界について知りたい場合にはどうすれば良いですか?

本校では以下のような説明会を行っています。是非ご予約の上、参加されることをオススメいたします。

 

体験スクール説明会:月2回実地(参加無料/体験飛行は有料)
②東京ヘリポート見学・説明;毎日実地(参加無料)
③体験授業:毎日実地(参加無料)
是非、ご気軽にご参加下さい。お待ちしております。

B:パイロット・トレーニングに関する疑問

訓練はどこで行うのか?

本校入校後、通常は最初の授業を東京、初期の自家用実習訓練は米国カリフォルニア州、事業用訓練は国内で行います。


訓練にはどれくらいの期間がかかるのか

自家用操縦士を例に取ると、飛行機、ヘリコプターとも海外訓練のみ行い、帰国後に日本の免許に書換えることで取得することができます(後述)。このため、比較的短期間で取得することができ、米国での滞在期間は個人差もありますが35日~45日間程度になります。

 

しかし、渡米前に英語や航空知識の事前勉強が必要ですので、その期間を見ておかなければなりません。


操縦訓練をアメリカ合衆国で行う理由は?

 

米国は航空機メーカー、航空機の数、飛行場の数など、どれをとっても世界一の規模を誇っています。
また本校が訓練を行うカリフォルニア州は年間を通じて天候が安定しており、操縦訓練には最適の環境です。
米国はその恵まれた環境から、世界中のパイロットを目指す人々が訓練地として選んできました。
その理由として上記の他、訓練費用の安さと実技受験の受けやすさもその要因としてあげられます。
米国では航空機は日本ほど特別な乗り物ではなく、身近な存在となっています。
このため航空機のレンタルや中古機の販売競争が活発に行われており、この競争が訓練費用を安価に抑えてくれています。
また、このように航空機が一般化しているために、実技試験を行う試験官の数も多く、希望する日に実技受験が受けやすいのです。
現在では、日本のエアラインも乗員養成訓練をアメリカで行っています。
この様な理由から、本校は米国を当初の訓練地としています。


アメリカで取得したライセンスは、日本でも有効?

 

国際民間航空条約(ICAO)の締約国間では、ライセンスの相互書替が可能です。
わかりやすく言うと、米国で取得したライセンスを日本のライセンスに書き替える際、
日本の学科試験の5科目中「航空法規」科目のみの合格で実地試験を受けることなく、書き替えることが可能になるのです。
このような利点を生かした海外訓練が現在、主流となっています。


アメリカ滞在時の宿舎はどのような所ですか?

 

滞在宿舎はアパートメント、ホテルをお選び頂けます。
通常、最もポピュラーで安価な宿舎であるアパートメントでは、費用は$27/日(相部屋)、$38/日(個室)となります。
相部屋はバスルーム、キッチン等は共用となります。
ホテルタイプは$65~ご用意できます。尚、料金は変更する場合もありますので、明細はお問い合わせ下さい。
上記の他、ご希望に応じてホームステイなども行っております。詳しくはご相談下さい。


パイロットになる為にはどのくらいの費用が必要ですか?

 

本校では訓練費用の明細を提示しております、無駄な費用を省き、必要な項目だけ必要な分だけ行う。
このようにして訓練費用の明確化を図り、安心して訓練に参加して頂けるように配慮しております。
また、訓練費用は目指すコースにより異なりますが、おおよその目安として
飛行機自家用で約200万円~、ヘリコプター自家用で約280万~。
プロを目指す方で国内事業用訓練まで行う方は1000万円~ですが、就職訓練方法については様々な方法がありますので
詳しくは体験スクール説明会にご参加・お問い合わせ下さい。


ライセンス取得後、フライトを楽しむ機会はありますか?

 

本校では東京およびその他の国内、米国訓練基地でもフライトを楽しめるようにフライトクラブがあります。

 

また、上級の資格へ昇格訓練も行っていますのでご相談下さい。


ライセンスを取得後、就職についてはどうですか?

 

ライセンス取得後の就職については、全力をあげフォローします。
そして、すでに多くの卒業生が各方面でパイロットとして活躍しています。
日本フライトセーフティの教育は、希望者が就職できるまで続きます。

操縦訓練費の奨学金はありますか?

平成25年度より、新人操縦士の確保に大手ヘリ会社である、朝日航洋㈱と中日本航空㈱が新人操縦士の訓練費用のおよそ80%を自社で負担する認定奨学訓練生制度をスタートさせました。それぞれの制度詳細は、各ホームページのコーナーを参照下さい。訓練前または途中にて認定されれば、就職の内々定となり、奨学金は入社後一定期間勤務により返済を免除されます。
日本フライトセーフティの新人教育が評価された指定校制度ですが、業界のパイロット不足はそこまで深刻になっている証拠でもあります。日本フライトセーフティは今後も、航空業界を底辺から支えるべく、レベルの高い教育訓練をして、実際に就職しプロとして飛べる操縦士を養成し、業界に人員を供給し続けていきます。